• ホーム
  • ヘルペスが引き起こす症状を身体の部位ごとに詳しく解説します!

ヘルペスが引き起こす症状を身体の部位ごとに詳しく解説します!

2020年06月20日
黄色のカプセルと葉

厄介な症状を引き起こす病気としてヘルペスは有名ですが、感染したときに具体的にどのような異常が起こるのか理解できていない人は少なくありません。この病気に早く気付くことができるようにしたり、他の病気と間違えてしまうことがないようにしたりするためには、どのような症状を引き起こすのか部位ごとに知っておく必要があります。反対に症状を知らなければ病気を見過ごしてしまったり、治療が遅れてしまったりする可能性が高いので注意してください。ヘルペスは唇の周辺と性器に感染することがあるので、それぞれどのような変化が起こるようになるのか知っておくと良いです。

性器にヘルペスが感染した場合は、性器や肛門の周辺に症状が発現することが多く、具体的には赤いブツブツや水ぶくれが生じるようになるでしょう。時間が経つとこれらは裂けてしまい潰瘍と呼ばれるものになるのですが、強い痛みやかゆみを感じることが非常に多いと言えます。何もしなくても水ぶくれや潰瘍自体が痛むことが多いですが、できた場所によっては排尿したときに更に激しい痛みを感じてしまうことがあるので注意しておきましょう。

唇に症状が起こったときにも、性器のときと同様に赤いブツブツや水ぶくれができ、それが潰れて潰瘍が形成されます。痛みやかゆみについても同様だと言うことができますが、唇の周辺に感染が起こっているときは口内にヘルペス性口内炎を引き起こすことも多いと知っておきましょう。話しているときや食事をしているときに患部が刺激されてしまい、出血したり強い痛みを感じたりすることは少なくないと言えます。口内の症状がひどくなったときには痛みで食事をすることが困難となり、稀に摂食障害を引き起こす人もいるので注意しておいてください。

ヘルペスウィルスに感染すると基本的には同じような症状が起こりますが、感染した部位によって異なる症状も起こることを知っておきましょう。この病気は唇の周りと性器に感染することがほとんどなので、それぞれの場合にどのような異変が起こるのかをしておくことが非常に大切だと言えます。これを知っていればいち早くヘルペスの感染に気付くことができるので、早期発見から早期治療を実現することができるでしょう。厄介な症状を引き起こすヘルペスで悩みたくないと思うのであれば、事前にどのような変化が起こるのかということを知り、発症したときには早く気付くことができるようにしておくべきだといえます。