薬を飲んでいる男性

ヘルペスは非常に有名な性感染症の1種だと言うことができますが、この病気の名前を知っていても感染する理由を知らない人は少なくありません。感染する原因を知らなければ、思いも寄らなかった行為でヘルペスになってしまう可能性があるので、どのような行為が原因で発症するのか理解しておくことは大切です。ヘルペスの感染経路には性行為とそれ以外によるものがあるので、この2つの経路について詳しく知っておきましょう。

病原ウィルスは感染者の症状が起こっている部分や性器の皮膚、粘膜などに存在していることが多いといえます。見た目には全く症状が起こっていないと思っても、その部分にウィルスが存在している場合もあるのでこれに接触しないように注意しなければなりません。ウィルスが存在している部分と粘膜や皮膚にできた傷口が触れてしまうと、そこから感染が引き起こされてしまう可能性が高いので、接触が起こらないように注意しておくことが大切です。セックスやオーラルセックス、アナルセックスのいずれの行為でも感染する恐れがあるので、コンドームを用いたり感染者とはセックスをしないようにしたりすることで予防する必要があります。コンドームを使用しても全ての場合で確実に予防することができるわけではないので、発症している人とは性行為をしないことが大切です。

ヘルペスウィルスはとても感染力が強いので直接的な性行為がなくても感染することがあり、感染している人とタオルを一緒に使ったり同じコップを使ったりすることもヘルペスを発症させる原因となるので注意してください。お風呂に入ることでは感染が起こりませんが、入浴後に同じバスタオルを使うことで病気をうつされてしまう人もいるのでタオルの共用などに気を付けておきましょう。頬ずりや軽いキスでも感染することがあるので、発症している人とはこれらの行為を行わないことも大切です。

厄介な症状を引き起こすヘルペスにならないようにするためには、感染を引き起こす原因を知っておくことが大切だと言えます。感染力の強いヘルペスは些細なことでもうつってしまうことがあるので、この病気を発症させることがないように注意しておいてください。また、自分が発症してしまったときには周囲の人にうつすことがないように細心の注意を払うことが大切だと言えます。ヘルペスは性行為や何かを共用することで感染することが非常に多いので、身近な人が発症しているときはこれらの行為を行うことがないように注意するようにしてください。